生活雑貨

黄土炭火電気グリルECGH-C800J口コミ評価レビュー!機能やお手入れは?

黄土炭火電気グリルECGH-C800Jのは口コミや評価レビューをご紹介します。また正しい使い方や機能についてもご説明します。

黄土炭火電気グリルECGH-C800Jは発売されたばかりで口コミ評価が見当たりませんでした。しかしツイッターでも徐々に反応が出始めています。

お家で炭火焼きを楽しみたい人や、電気グリルが欲しいと考えている人にはとてもオススメできる商品になっております。本日は使い方や機能やお手入れをお伝えします。

購入を検討している人はぜひ本文を読んで、どんな商品なのかを知り検討の参考にしていただけると幸いです。

良い点悪い点包み隠さずお伝えします。ご興味のある方は本文をご覧ください。

黄土炭火電気グリルECGH-C800J口コミ評価レビュー!

黄土炭火電気グリルECGH-C800Jの紹介したかったのですが、この商品は発売されて間もないため、現在まだ十分な口コミがなかったです。( ;∀;)

レビューが入り次第、追記します!続報をご期待ください!

では次は使用方法についてみてみましょう!

黄土炭火電気グリルECGH-800の使い方

黄土炭火電気グリルECGH-C800Jの実際の使い方を見ていきましょう。

  • グリル部分を柔らかいスポンジで洗う
  • 油受けを本体下部に挿入し、受け皿の半分ほど水を入れる
  • 温度調節部を本体側面に接続し温度調節機を回して温度を設定
  • グリルを本体に置き黄土セラミック予熱を5~7分間して準備は完了
  • 使用中煙が出たら温度調節しよう
とら

黄土セラミックのグリルは中心部が最も温度が高く、両端は少し温度が低いのでそれを考慮して食材を乗せてください。

焼けたものを端に置くなどして、焼きすぎを防止するとちょうどいいですね。

使用中に煙が出てしまいましたら、温度を調節して油の受け皿の水量を調節してください。

グリル部分を柔らかいスポンジで洗う

グリルを取り出します。

柔らかいスポンジを使って中性洗剤などで洗います。

油受けを本体下部に挿入し、受け皿の半分ほど水を入れる

グリル部分本体に設置し、本体下部に油の受け皿を挿入します。
 この時、油の受け皿の半分ほどの水を入れてください。




温度調節部を本体側面に接続し温度調節機を回して温度を設定

温度調節機を本体に接続し、温度調節機を回して温度を調節します、

グリルを本体に置き黄土セラミック予熱を5~7分間して準備は完了

温度を上げて、黄土セラミックのグリルを予熱したら、準備は完了です。
 黄土セラミックのグリルは中心部が最も温度が高く、両端は少し温度が低いのでそれを考慮して食材を乗せてください。
 焼けたものを端に置くなどして、焼きすぎを防止するのにちょうどいいですね。
 

使用中煙が出たら温度調節

使用中に煙が出てしまいましたら、温度を調節して油の受け皿の水量を調節しましょう。

次に機能についてみていきましょう!

黄土炭火電気グリルECGH-C800Jの機能と特徴

  • 煙の発生が少ないので気軽に焼き肉ができる
  • ヘルシーな仕上がり
  • お手入れが楽
  • 遠赤外線と輻射熱で手軽に炭火焼きを楽しめる

煙の発生が少ないので気軽に焼き肉ができる

油が炎の上に落ちずにスムーズに油の受け皿に流れていく設計をしている

ぴよ

このECGH-C800Jの最大の特徴としては、油が炎の上に落ちずにスムーズに油の受け皿に流れていく点です。

これにより、煙の発生が少なく室内でも安心して焼肉などを楽しむことが出来ます。

ヘルシーな仕上がり

グリルはフッ素加工されているのでこびりつかず、食材からでる余分な脂が下に落ちるのでヘルシーに仕上がります。お肉は焦げにくくなり、さらにお肉の外はカリっと中はしっとりと焼きあがります。

ぴよ

さらに油がスムーズに流れ落ちていくのでヘルシーに仕上がり、お肉の外はカリっと中はしっとりと焼きあがります。

お手入れが楽

油受け皿がスライド式で着脱が可能なので片付けがとても行いやすい

遠赤外線と輻射熱で手軽に炭火焼きを楽しめる

ECGH-C800Jはグリル料理、フライパン料理、蒸し料理、鍋料理といろいろな調理が楽しめます。

魚などは冷凍のまま焼いてもおいしく調理できます。

焼く時に煙や煤などが発生しにくいため衛生的ですよ♪

そして、焼肉をやったのメンドクサイ片付け。

そんな片付けもこのグリルは、スライド式で着脱が可能なので片付けがとても行いやすいです。

グリルの後の片づけは購入を検討するときに大事な検討材料になると思いますので、お手入れ方法についてもご説明しますね♪(*’ω’*)

黄土炭火電気グリルECGH-C800Jのお手入れ

黄土炭火電気グリルECGH-C800Jのお手入れは、グリルを使い終わったら、10分から20分ほどグリルと本体が冷めるのを待ちます。

グリルが冷めたら、グリルと油受け皿が取り外し可能なのでそのまま洗います。

グリルはフッ素樹脂コーティングされていますので鉄たわしで擦るとコーティングが剥がれてしまうのでご注意ください。

本体の方は濡らした布なので飛んだ油などを拭きとってくださいね。

洗浄したグリルは乾いた布で拭いて本体と一緒に保管用のバックに入れて保管しましょう。

とら

グリルとフライパンは消耗品です。コーティングが剥がれたり破損したときは有償で購入する必要があります。本製品は食器洗い機で洗浄することはできません。本体を清掃する際には絶対に水をかけたり、水に浸したりしないでください。故障の原因になります。

さいごに黄土炭火電気グリルECGH-C800Jの仕様をご説明します。

黄土炭火電気グリルECGH-C800Jの仕様

黄土炭火電気グリルECGH-C800Jの仕様はこちらの表です。

製品サイズ本体サイズ:465×260×96mm
グリル部:380×260×40mm
蓋部:360×220×60mm(ハンドルの高さ22mm)
フライパン部:380×260×57mm(深さ27mm)
油受け部:365×260×30mm
重さ約4.5kg
材質本体:鉄/耐熱コーティング
グリル・フライパン:アルミ/フッ素樹脂コーティング
フタ:アルミニウム/セラミック、耐熱コーティング
油受け(水トレー):不織布/PVCコーティング
素材定格電圧100V 50/60Hz
消費電力1200W

黄土炭火電気グリルECGH-C800Jはこれ1台あれば、グリルとしても、フライパンとしても、使えますし、深さもあるので蓋を閉めれば蒸し料理、鍋料理にも使えるのがうれしいですね♪(*’ω’*)

黄土炭火電気グリルECGH-C800J口コミ評価・機能やお手入れのまとめ

ここまで紹介してきましたですが黄土炭火電気グリルECGH-C800Jですが、これ1台あれば、グリルとしても、フライパンとしても、使えますし、深さもあるので蓋を閉めれば蒸し料理、鍋料理にも使えるのがうれしいですね♪

特に焼き肉をしても煙の発生が少ないので、焼肉の煙の臭いが部屋からなかなか取れないと悩まれていた方もこれで心配なく気軽に焼肉を楽しむことが出来るようになりますね♪またヘルシーに楽しめるとい点も嬉しい点です。

この記事が購入を検討している方の参考になれば幸いです。(^^)/

kono