MENU

Eufy RoboVac L35 Hybrid+ロボット掃除機口コミ評判レビュー!使い方と機能は?

Eufy RoboVac L35 Hybrid+ロボット掃除機口コミ評判レビュー!

使い方と機能は?についてご紹介しますね(^^♪

Eufy RoboVac L35 Hybridは、本体のゴミを自動でゴミ収集ステーションに集めるため、約2ヶ月間お手入れ不要です。

さらに、収集頻度を3段階から設定でき、ゴミ収集時の動作音をコントロール可能なんです。

これは、忙しい家事には強い味方ですね~。( *´艸`)

Eufy RoboVac L35 Hybrid+はこちら👇

Eufy RoboVac L35 Hybrid+悪い口コミ評判

アプリでのマップ作成精度が高い

アプリを家族で共有できるので、誰でも操作出来る

あまり壁にガンガンぶつからない

アプリの完成度や、掃除性能は素晴らしいのですが、水拭き機能がイマイチかなぁと感じました。

この商品に限りませんが、水拭き専用機を別で買った方が綺麗になる気がします。

AndroidのアプリをダウンロードしてWi-Fiで接続するのですが、

接続できませんでしたとエラーになって、数回試してダメだったので、放置状態です。

アプリなしで電源を入れれば掃除はしてくれるので、今はその状態です。

また時間があってやる気になったらアプリに再挑戦します。

目次

Eufy RoboVac L35 Hybrid+良い口コミ評判

清掃能力

2フロアの掃除も行い、マップの使い分けと掃除の能力に問題ないことは確認できましたので

これから長く働いてもらおうと思います。

部屋にあれこれ物が雑多に置いてあったり、多少の段差があっても

けっこう複雑な動きをしてしっかり清掃してくれますし、吸引力も高めに感じます。

ゴミのタンクを見てみたら思ってたよりも沢山入ってて「お、おお…」と

思わず呻りました。

標準モードでは掃除中は少しうるさいかなって程度です。

水拭きもしてくれます。アプリでの操作も可能。

我が家の場合はそこまでする必要はないのですが、高機能なのは良い事だと思います。

水ふき機能について

水拭き機能に厳しい口コミが見受けられますが、そもそも水拭きをそんなにしないので個人的には気になりません。

まぁ水拭きなしで価格を落とすほうがユーザーからすると良いのかもしれません。

ゴミステーションについて

(前回も2年前そちらでeufy 11sを購入)

Anker初のゴミステーション機能というところが若干不安でしたが

本日に4回ゴミステーションの収集機能を使いましたが、掃除機側のダストボックスは

綺麗な状態になっていましたので、性能的には問題なさそうです。

Ankerブランドということで商品の信頼性もありますし、ゴミ収集ステーションがついている現行のルンバだと10万超えてきますからね。コスパも高いと思います。

ロボット掃除機は2台目になりますが、マッピング機能の精度が高いことと強力な吸引力に、進化を感じています。

「売り」のごみステーションもしっかり機能してくれます。省力家電なのでごみ捨ての手間が減ることはとても大きい。

水拭きは使わないので、機能を省いた廉価版があると嬉しい。同感の人、少なくないと思いますが。

音について

作動音も静かめ

安価な機種の中で保存したマップを分割する機能があるものは少ないと思います。

掃除する部屋の順序を設定できるのも良い。

同じ部屋でもカーペットエリアとフローリングエリアに分割してカーペットから掃除するという設定もできます。

一番いい点は5cmの段差で落下しないことです。

5cmで落下してしまう機種は結構多いと思います。

この機種はきちんと読み取って避けてくれます。

ロボット掃除機のイメージは自分で掃除機かけた方が早いしと思っていましたが違いました。

忙しい時でも動かしておけば、お部屋にごみが落ちていない!

細かいところもちゃんとお掃除してくれる!お休みの日に大掃除までは行きませんが

隅々までのお掃除をしていましたが今ではやらなくなったので自分の時間が増えました。

アレクサとも連携できるみたいなのでこれから色々カスタムして、楽しめそうです。

Eufy RoboVac L35 Hybrid+はこちら👇

Eufy RoboVac L35 Hybrid+使い方と機能は

掃除はゴミ捨てまでお任せ:自動ゴミ収集ステーション付属

本体のゴミを自動でゴミ収集ステーションに集めるため、約2ヶ月間 (※) お手入れ不要です。

収集頻度を3段階からお好きな回数に設定でき、ゴミ収集時の動作音をコントロール可能!

抗菌・消臭加工ダストバッグ採用

ゴミ捨ては約2ヶ月に1度、ダストバッグを交換するだけ。

ダストバッグは抗菌・消臭加工 (※1) が施されています。

ゴミに直接手を触れることがなく、簡単で衛生的です。

また、ダストバッグや交換パーツなどのアクセサリは各種ECサイトで簡単に追加購入でき、一般的な製品より25~50%程度安価に購入することができます。 

カーペットの奥のゴミまで清掃:最大3200Paのパワフルな吸引力

約45%アップした最大3200 Paの吸引力 !

なのでカーペットの奥のゴミやほこり、ペットの毛まで吸引できるんです。

吸引力を4段階に調整できるのでラクラク操作♪

しっかり掃除したい時は吸引力を上げ、静かにしたい時は吸引力を下げることができます

裸足でも快適なフローリングへ:吸引&水拭きの2-in-1

吸引に加え、フローリングへの拭き掃除が可能な水拭き機能を搭載しています。

水拭きタンクは3段階の水量調整が可能なため、ゴミや汚れの状況に合わせてモードを選ぶことができます。 (※)

リアルタイムで清掃経路を設計:iPathレーザーナビゲーション搭載

独自のiPathレーザーナビゲーションにより、リアルタイムで部屋の形を認識・マップを作成するため、複雑な間取りでも漏れなく掃除できます。

アプリ操作&便利な機能

掃除の開始・終了 / スケジュール設定 / 進入禁止エリアの設定

スポット清掃:指定エリアに直行しピンポイントに清掃

カスタマイズ清掃 :清掃プランを部屋ごとに設定

音声コントロール :Amazon Alexa / Googleアシスタント対応しています。

マルチフロアマッピング

3フロア分のマップを保存でき、一度学習すればそのフロアを自動的に認識します。

部屋ごとの吸引力・水拭きや進入禁止エリアなどのカスタム設定もマップ内に保存することができますよ★(^^)/

アプリで清掃をカスタマイズ

掃除の開始・終了:外出先からでもスマホから簡単に掃除をスタートできます。

掃除スケジュール設定:掃除をする曜日・時間を自由に設定し、定期的に掃除をすることができます。

スポット清掃:マップ上で指定した特定のエリアに直行して清掃。

特に汚れている場所だけをピンポイントに清掃します。

ゾーン清掃:掃除する範囲を指定することができます。

カスタマイズ清掃:部屋ごとの清掃プランをカスタマイズできます。

進入禁止エリアの設定:マップ上でロボット掃除機が進入できないエリアをバーチャルに設定できます。

動かしたくないものや、ペットやお子さまのおもちゃなどが置いてある場合にも便利です。

吸引力設定:4段階に変更可能。

水拭き水量設定:3段階に変更可能。

チャイルドロック

チャイルドセーフティロックをオンにすると、お子さまやペットが誤ってロボット掃除機を起動することを防ぐことができます。

段差乗り越え

厚さ20mmまでの段差やカーペットに引っかかることなく簡単に乗り越えられます。

厚さ20mmまでの段差やカーペットもOKなんて嬉しい★

Eufy RoboVac L35 Hybrid+はこちら👇

Eufy RoboVac L35 Hybrid+の仕様

サイズ

ロボット掃除機本体:約35 x 35 x 10cm 

ステーション:   約39.4 x 24.5 x 22.0cm

重さ        ロボット掃除機本体:約3.3kg | ステーション:約3.6kg

充電時間      約180分~240分

吸引力       最大3200Pa

掃除時間      最大145分

ダスト容器の容量  3L

ダストバッグの容量 200ml

水タンクの容量   200ml

パッケージ内容

Eufy RoboVac L35 Hybrid+、自動ゴミ収集ステーション、電源コード、交換用サイドブラシ (×2) 、交換用フィルター、清掃ツール、交換用モッピングクロス、防水パッド、交換用ダストバッグ (抗菌・消臭加工あり) 、取扱説明書、クイックスタートガイド、18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後) 、カスタマーサポート

Eufy RoboVac L35 Hybrid+はこちら👇

Eufy RoboVac L35 Hybrid+ロボット掃除機口コミ評判レビュー!使い方と機能まとめ

Eufy RoboVac L35 Hybrid+は、自動ゴミ収集ステーションを備え、吸引力も

強く家事には強き味方です。

ただ、口コミでアプリ操作がうまくいかないなどデメリットを挙げられていますが、これは購入前後の相談も応じているので解決できると思います。

機能等を確認して購入してくださいね。

Eufy RoboVac L35 Hybrid+の購入を考えておられる方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次