キッチン家電

バルミューダ ザトースター K05A-SEとK05Aの違いを比較!おすすめはどちら?

バルミューダ ザトースター K05A-SEとK05Aの違いを比較してみました。

おすすめはどちらかも合わせてご説明しますね。

バルミューダ ザトースター K05A-SEとK05Aの違いを比較して調べると

  • サラマンダーモードの搭載
  • カラー展開
  • 本体の大きさ重量
  • 値段

この4点に違いがありました。

K05A-SEは2022年発売モデル

K05Aは2020年発売モデル

となっているので、K05A-SEのほうが新しいモデルになっています!(*^^*)

バルミューダのトースターと言えば、食パンを美味しく焼けることで有名ですよね。

専用タンクに水を入れたら、中はふっくら・外はさっくりの理想のパンを焼くことができるんです♪

購入を検討しているけど、どのモデルがいいのか、どんな違いがあるのか、、結構いろんなモデルが出ているので気になりますよね(><)!

この記事では、バルミューダ ザトースタープロ K05A-SEとK05Aの違いを比べてみたので、ぜひ参考にしてみてください♡

K05A-SEはこちら(‘◇’)ゞ

K05Aはこちら(‘◇’)ゞ

ほかの人気トースターもチェック👇

人気トースター Amazon

人気トースター 楽天市場

人気トースター ヤフー

バルミューダ ザトースター K05A-SEとK05Aの違いを比較

K05A-SEとK05Aの違いを4つの項目に分けて紹介していきますね♪

  • サラマンダーモードの搭載
  • カラー展開
  • 本体の大きさ重量
  • 値段

それではどう進化しているのか、まずはサラマンダーモードの搭載についてです(^^)/

サラマンダーモードの搭載の違いを比較

K05A-SEとK05Aの大きな違いは、新しいモデルであるK05A-SEにサラマンダーモードが搭載されたことです(^^)/

サラマンダーとは高温の火を食材に当て、表面に焼き色や焦げ目を付けるプロ用の調理器具のこと。

短時間で焼き上げるので食材の水分を飛ばしすぎず、表面だけに香ばしい焼き目をつけることができます。

このサラマンダーのような調理法ができるのが、サラマンダーモードです♡

食材の表面に高温の上火を当てて、仕上げ焼きを行うモードとして使えて、上下にあるヒーターの、上部のヒーターだけを点灯し、食材に最良の焼き目を付けることができます。

おすすめの使い方として、トースターモードを使って食パンを焼いた後、サラマンダーモードを使って表面に香ばしい焦げ目をつけることで、もっと美味しく食べれるそうです♪

これはかなり美味しそうですよね!(*^^*)

毎日パンを食べていて、焼き方にはこだわりがある!という人や、こんがり焼いたパンの方が好き!という人にはぴったりな機能ですよね!

写真でみるだけでも美味しそうですよね~!安い食パンも美味しく食べれそうです♪

続いては、カラー展開の違いについて比較してみました。

カラー展開の違いを比較

K05A-SEとK05Aは、カラー展開にも違いがありました!

それぞれのカラーを見ていきましょう♪

型番
K05A-SE
K05A

比べてみると、K05A-SEはブラックのみのカラーとなっています。

ただ、pro仕様ということもあり、かなり高級感あふれる仕様になっていて、

ブラックとゴールドっぽいカラーで、マット×光沢の対比的なデザインがすごくスタイリッシュですよね!

一方K05Aは、カラー展開が、ブラック・ホワイト・ベージュ・グレーの4色となっていて、その点はメリットとも言えますね(*^^*)!

デザインは、K05A-SEと比べるとシンプルでどんなキッチンやインテリアにもなじみやすくなっていますね♪

同じブラックでもだいぶ印象が変わるので、実際に家電量販店などで見比べてみるのがおすすめ♡

本体の大きさ・重量の違いを比較

本体の大きさ・重量は、ほぼ変わらないのですが、若干違いがあったので、一応ご紹介しておきます!

K05A-SEK05A
本体の大きさ357mm(幅)
×
324mm(奥行き)
×
210mm(高さ)
357mm(幅)
×
321mm(奥行き)
×
209mm(高さ)
重量約4.5kg約4.4kg

本当に若干の違いになっていますが、、K05Aのほうが少し小さく・軽くなっていました!

ほぼ変わらないなので、機能・カラーを基準に選ぶといいですよ♪

値段の違いを比較

K05A-SEには、サラマンダーモードが搭載しているということもあり、値段にも違いがあります。

サイトによって値段に差があったので、公式価格で比較しました!

型番値段(税込み)
K05A-SE37,400円
K05A29,700円

ただ、どちらも新しいモデルが発売されているので、探してみると、もう少し安く購入できるところもありそうです(*^^*)!

K05A-SEは3万を超えてくるので、サラマンダーモードは要らないかも?という人は、デザイン以外はスペックに違いは無かったので、K05Aで十分そうですね♪

バルミューダ ザトースター K05A-SEとK05Aそれぞれおすすめは

K05A-SEはこんな人におすすめ

  • パンの焼き方はとことんこだわりたい
  • 本格的な料理をしたい
  • 表面だけを焼きあげる機能がほしい
  • 高級感があふれるデザインが好き

K05A-SEの魅力は何といっても、サラマンダーモードの搭載です(*^^*)!

pro仕様で、食パンの焼き方をこだわれるだけでなく、多くの料理に活躍できるので、本格的な調理をお家でも体験出来ちゃいます。

ちなみにこちらは、サラマンダーモードで表面を焼きあげて作った料理です♪

幅広い料理に活用できそうですね(*^^*)

お家で、あのブリュレの表面のカリカリが表現できるなんてすごすぎますよね♪

K05Aはこんな人におすすめ

  • バルミューダトースターを試してみたかった
  • ブラック以外のカラーがほしい
  • シンプルなデザインが好き
  • 3万円以内で購入したい

K05Aは、バルミューダトースターでもベーシックモデルで、試してみたかった!という人にはかなりおすすめです(^^)/

pro仕様でなくても、美味しいパンが焼ければいい・標準機能があればいい、という人は、K05Aのほうが安く購入できるのでぴったりと言えますね♪

個人的には、K05Aの機能性だけでも十分だなと感じました♪

バルミューダ ザトースター K05A-SEとK05A共通機能

バルミューダ ザトースター K05A-SEとK05Aの共通機能はこちらです。

  • 運転モード
  • タイマー
  • スチーム

運転モード

バルミューダ ザトースター K05A-SEとK05Aの共通運転モードは以下になります(*^^*)

  1. トーストモード
  2. チーズトーストモード
  3. フランスパンモード
  4. クロワッサンモード
  5. クラシックモード(170、200、230°C)

トースト・チーズトーストモードは、スチームを使って、中はふんわり・外はカリッと焼きあげてくれるモードになっています!

フランスパン・クロワッサンモードは、パンのあたため直し、リベイクにおすすめのモード♪

クラシックモードは、スチームを使わないから、幅広い料理を作ることができますよ~♪

タイマー 

タイマー機能は、どちらも共通です(^^)/

1~10 の間のメモリと、15分のタイマーセットができます(^^♪

直感的に使える操作ですね!

スチーム

バルミューダトースターで焼いたパンのおいしさの秘訣の1つは「スチーム」。

パンの水分と香りを閉じ込め、表面はさっくり、中はもっちりふわふわに仕上げるのは、5ccの水から生み出されます♡

水分と香りを閉じ込めるスチームテクノロジーは、特許も取っているのもすごいですよね~♪

書き出してみると、サラマンダーモード以外の機能は、共通が多いんですよね♡

なので検討する時はサラマンダーモードが要るのか要らないのか、を基準に選ぶのが1番簡単かなと思います(^^)/

続いてお手入れについてみてみましょう。

バルミューダ ザトースター K05A-SEとK05A のお手入れ方法

バルミューダ ザトースター K05A-SEとK05Aのお手入れ方法は以下のようになっていました(^^)/

定期的に綺麗に掃除するのはもちろん、バルミューダトースターに欠かせない給水パイプは大事なお手入れの1つになってくると思います。

清潔に使って、長く使っていきたいですね♡

バルミューダ ザトースター K05A-SEとIC-FAC4K05Aそれぞれの仕様を見てみましょう。

バルミューダ ザトースター K05A-SEとK05Aそれぞれの仕様の違いを比較

バルミューダ ザトースター K05A-SEとK05Aそれぞれ変わったところも含めて表にしてみました。

変更箇所はマーカーしているところです。

K05A-SEK05A
使用時サイズ(cm)357mm(幅)
×
324mm(奥行き)
×
210mm(高さ)
357mm(幅)
×
321mm(奥行き)
×
209mm(高さ)
電源AC100V 50Hz/60HzAC100V 50Hz/60Hz
定格消費電力1300W1300W
電源コード長さ約1m約1m
カラーブラック(型番 : K05A-SE、JANコード : 4560330111266)ブラック(型番 : K05A-BK、JANコード : 4560330110139)
 
ホワイト(型番 : K05A-WH、JANコード : 4560330110146)
 
ベージュ(型番 : K05A-BG、JANコード : 4560330110153)
 
グレー(型番 : K05A-GR、JANコード : 4560330110665)
運転モード1. トーストモード / 2. チーズトーストモード / 3. フランスパンモード / 4. クロワッサンモード / 5. クラシックモード(170、200、230°C) / 6. サラマンダーモード1. トーストモード / 2. チーズトーストモード / 3. フランスパンモード / 4. クロワッサンモード / 5. クラシックモード(170、200、230°C)
タイマー1~10 ・ 15分
(サラマンダーモード:最大3分)
1~10 ・ 15分
スチーム5ccボイラー5ccボイラー
パッケージ内容5ccカップ、取扱説明書(保証書付き)、ガイドブック5ccカップ、取扱説明書(保証書付き)、ガイドブック
保証期間お買い上げ日から1年間(バルミューダオンラインストアでお買い上げの場合、保証期間が1年延長され2年間になります)お買い上げ日から1年間(バルミューダオンラインストアでお買い上げの場合、保証期間が1年延長され2年間になります)
生産地中国中国

引用:K05A-SE | BALMUDA The Toaster | サポート | バルミューダ K05A-SE

引用:K05A | BALMUDA The Toaster | サポート | バルミューダ K05A

K05A-SEはこちら(‘◇’)ゞ

K05Aはこちら(‘◇’)ゞ

ほかの人気トースターもチェック👇

人気トースター Amazon

人気トースター 楽天市場

人気トースター ヤフー

バルミューダ ザトースター K05A-SEとK05Aの違いを比較!おすすめはどちらのまとめ

バルミューダ ザトースター K05A-SEとK05Aの違いを比較した結果、一番の大きな違いはサラマンダーモードの搭載でした!

その他、カラー等に違いもありますが、K05A-SEにはサラマンダーモードが搭載している!というのが選ぶポイントかなと思います(*^^*)

そしてK05A-SEとK05Aの違いを表でまとめてみました!

変化のあったところK05A-SEK05A
サラマンダーモードの搭載ありなし
カラーブラックブラック、ホワイト、
ベージュ、グレー
本体の大きさ357mm(幅)
×
324mm(奥行き)
×
210mm(高さ)
357mm(幅)
×
321mm(奥行き)
×
209mm(高さ)
重さ約4.5kg約4.4kg
値段(公式価格)37,400円29,700円

やっぱり大きな違いは、K05A-SEにはサラマンダーモードが搭載されているという点です。

サラマンダーモードは、表面だけを焼いてくれるモードなので、パンにさらに焦げ目をつけたい人や、料理に応用したい人にはかなり便利な機能ですよね♪

一方K05Aの魅力は、サラマンダーモードは無いものの、美味しくパンを焼けることには変わりなく、カラー展開が豊富なことです。

その上、価格も3万円以内なので、この点はとても魅力的ですよね♪

調べてるだけでも、見る場所によって価格が違ったので、購入前にいろんなサイトやお店を回って、値段を比べるのがおすすめです♡

この記事が参考になれば幸いです。

error: Content is protected !!